第二世代 機能追求型糖アルコール

第一世代の糖アルコールは、糖の長さ(組成)によって特性が変化しますが、第二世代の糖アルコールは構成の「糖」そのものが異なります。それぞれに特長的な性質を持ち、用途が明確化・限定化されています。そのため市場規模は第一世代と比較して小さくなっています。

第二世代糖アルコールの特長

「第一世代糖アルコール」は、構成糖の鎖の長さの違いで特性が変化しますが、「第二世代糖アルコール」は、構成糖自体が異なり、それぞれの糖が持つ特徴的な機能があります。キシリトール、エリスリトールなど1990年代の「シュガーレス」、「低カロリー」ブームにのり、飛躍的に市場が伸びた糖アルコールです。

図一

主な製品

エリスリトールソルビトール

エリスリトールは、ぶどう糖の発酵により作られた天然素材の甘味料です。カロリー0の甘味料として、食品の低カロリー化に利用されています。

キシリトール

キシリトールは、白樺、トウモロコシの芯などから得られるキシロースを原料にして製造されます。

マルビット

マルビット(マルチトール・還元麦芽糖水飴)は、キレの良い良好な甘味質(甘味度75%)をもつ糖アルコールです。各種食品の低カロリー化に適しています。

ラクチトール

ラクチトール(還元乳糖)は、上品でまろやかな甘味質を持つ低甘味素材です。(甘味度は34%)吸湿性はほとんどなく、焼き菓子などのサクサク感がアップします。

マンニトール

マンニトールは、自然界にも広く分布する糖質で、昆布、わかめなどの海藻類、樹木、干し柿などに含まれています。日本ではガム、キャンディ、佃煮などの用途に限定して使用されています。


第二世代の糖アルコールを探す

物性一覧

表1

拡大図を見る

※数値は規格値ではなく一般的な分析値です。